観光

福岡市博多区の屋内スケート場のパピオアイスアリーナでアイススケートが流行

 

 

パピオのアイススケート場で遊ぶのが今アツいです。フィギュアスケートの人気も高いので、興味がある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、博多で初心者も子どもも楽しめる国内最大級のアイススケート場、パピオアイスアリーナを紹介します。

 

パピオアイスアリーナ基本情報

施設名パピオアイスクリーナ
住所福岡県福岡市博多区千代1丁目15-30
営業時間10:00~19:00
休館日第3水曜日
地図
アクセス福岡市営地下鉄 千代県庁口駅 徒歩6分

 

車の場合、アイススケート場を利用すると、駐車場が3時間無料になります。アクセスも千代駅徒歩5分の場所にあるので好立地です。

 

パピオのアイススケート場は、2019年に改修工事をしてリニューアルしました。

 

パピオアイスクリーナのアイススケート料金

料金も安いので家族でおでかけにおすすめです。

 貸靴+滑走滑走のみ見学のみ
大人1,650円1,250円200円
学生1,350円950円200円
小学生未満1,050円650円200円

 

子どもでもアイススケートができる? パピオアイスアリーナの楽しみ方

 

通年アイススケートができるパピオアイスアリーナは、初心者や子ども連れも楽しめる工夫がたくさんあります。

 

まだ滑れない子にはソリのレンタルがおすすめです。料金は400円/30分です。

小さなお子さんを乗せることができるタイプのソリもあります。

 

大人の方は、まず壁づたいで練習してみましょう。スケート教室もあるので、きちんと教えてもらうのも可能ですぐに滑れるようになります。

 

レンタルスケート靴には、ひもタイプだけではなく、着脱しやすいバックルタイプのものもあるのが、初めての方やお子さんには嬉しいポイントです。暖房室もあります。体が冷えてきたら、そこで休憩すると良いでしょう。

 

パピオのアイススケート場に必要なもの持っていくもの

パピオアイスアリーナに行くときの必須の持ち物は、手袋と靴下です。

 

手を守るために、手袋を持っていきましょう。靴下は厚手のものが良いですが、普通の厚さでも問題ありません。

アイススケート場は、寒いです!なので、防寒対策はしっかりしていきましょう。厚着をして動きづらくならないよう、注意してくださいね。

 

博多で1年中アイススケートができるパピオアイスアリーナ|まとめ

パピオアイスアリーナは、博多で唯一通年アイススケートが楽しめる国内最大級の屋内スケート場です。

子どもも大人も楽しめるアイススケートに、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

▼こちらの記事もおすすめ

【保存版】福岡の雨が降っても観光できる場所25選!室内デートや暇な日のお出かけ用 せっかく休日のお出かけ・デートが雨だと困りますよね。福岡で雨の日にどこに行けばいいんだろう?を解決します。 雨の日以外にも外出...