【福岡の裏側#5】創業者が語る誕生秘話!福岡を代表するチーズケーキ専門店/KAKA cheesecake

【福岡の裏側#5】創業者が語る誕生秘話!福岡を代表するチーズケーキ専門店/KAKA cheesecake

連載企画:福岡の裏側〜わたしたちが知らない福岡の魅力〜

福岡で複数店舗を展開する、人気チーズケーキ専門店の「KAKA」。今回は桜坂店にて、KAKA創業者の庄司さんに取材させていただきました。

桜坂店のカフェスペースには大きな一本のツリーがあり、ゆったりくつろげる空間でチーズケーキがいただけます。職人さんたちがチーズケーキを作る姿も、お客様の喜ぶ顔も見える、ガラス張りのカウンターも目を惹きます。

一体どんな形でKAKAが開業されたのか?どのようにして、KAKAのチーズケーキが誕生したのか?KAKA創業者の庄司さんへお話をお伺いしてきました。

福岡の裏側:今回のテーマ

1.KAKAの開業について

2.チーズケーキの開発やこだわりを教えてください!

3.ズバリ!KAKAの魅力とは?

\今回のゲスト:庄司 恵美子さま/

KAKA cheesecake store 専務取締役


中村調理製菓専門学校を卒業後、調理師免許を取得。卒業して飲食の仕事に就く。結婚を機に専業主婦となり3人の子供を育てる。
2017年3月にKAKA大名店を立ち上げ、今は福岡と広島に店舗を構える。

インタビュアー
甲斐田 知加子

当サイト、福岡ローカルメディア「なるほど福岡」の取材を担当。

食べること・遊ぶこと・寝ることが大好き。
いつも元気な3児のママです。

目次

KAKAのはじまり〜3人の子育てをしながら大名店をオープン〜

まずはKAKAを開業された時の話を教えてください。

庄司さん

調理師専門学校卒業後、飲食業界で働いていましたが、結婚を機に仕事を辞めていました。子供が3人おり、一番下の子が保育園に入れるようになった時、約8年前に大名店を開業しました。

「1人でできる、小さなお店を持ちたい」っていうのがスタートだったんです。

子育てをしながらの開業、きっと大変だったと思います…!
チーズケーキのお店にしようというきっかけは何ですか?

庄司さん

実は私、甘いものが苦手なんですが、子どもたちに作っていたチーズケーキを元に、ひとりで大名店を始めました。

当初はチーズケーキ専門店が少なかったので、いろいろなフレーバーや焼き方を試してみましたね。メニューには8種類のチーズケーキを用意しました。

甘いものが苦手だったんですか!?

庄司さん

そうなんです。私は元々お酒が好きで、お酒にあうスイーツを作りたいというのもありました。

私はお菓子作りの経験が少なかったんですが、子どもたちがチーズケーキを美味しいと言ってくれたのがきっかけです。夫が女性の働きに理解があり、自分の好きなことを仕事にできました。

確かに、KAKAにはワインに合うようなチーズケーキもありますよね!
ちなみに開業当初、製造も接客もおひとりでされていたんでしょうか?

庄司さん

最初は大名店で家庭用のオーブンを2つ重ねて、1人でケーキを焼いて、カフェのレジも全部1人でやっていました。オープン当初は1人で全てをこなしていましたね。

すごい…。1人で切り盛りするのは大変でしたね。

庄司さん

はい、休むこともできず、体調を崩すこともありました。

祖母が亡くなった時も、博多駅でイベントがあったんです。通夜の後に24時間ケーキを焼いて、少ししか眠る時間がありませんでした。

それでも、仕事が苦になることはありませんでしたか?

庄司さん

はい!お客様に喜んでもらえることが励みになりました。

KAKAのチーズケーキのこだわりと商品開発について

チーズのこだわりは「チーズそのものの味を大切に」

チーズケーキといえば、チーズの仕入れや味のこだわりについてお伺いしたいです!

庄司さん

チーズにはこだわっていますね。粉や卵の量を増やすのではなく、チーズそのものの味を大切にしています。

例えば4種類のチーズを使ったチーズケーキは、チーズ好きのために作っています。私たちの店ではスフレ系の軽いチーズケーキは出さず、ずっしりと重いタイプのチーズケーキを提供しています。

確かに、KAKAのチーズケーキといえば、ふわふわ食感ではなくずっしり重めのものが多い印象です!しっかりチーズを味わっている感覚があります。

オープンまで半年間の試作を重ねたチーズケーキ

メニュー開発にあたって、大変だったことはありますか?

庄司さん

私はスイーツを作る仕事の経験がなかったので、半年間は理科の実験のように試作を重ねました。チーズと砂糖の配合を試して、どれくらいの甘さになるのか。お客さまのために中途半端なものは出せないと思っていました。

たくさんのチーズを使い、試作して、食べられないものも多かったんですが、納得できるものができた時は感動しましたね。

半年間も試作を重ねられたんですね…!

失敗や知識がないからこそ生まれたチーズケーキたち

いろんな種類があるKAKAのチーズケーキですが、どのようにしてアイデアは生まれたんですか?

庄司さん

失敗から生まれたり、知識がないからこそできた商品もあります。

「プレミアムKAKA」という黒いチーズケーキがあるんですが、チョコチップをチーズケーキに入れるのは、製菓の勉強をした方には考えられない製法でした。いまでは人気商品になっています。

プレミアムKAKA
庄司さん

あと、初めてバスクチーズケーキを作ったときは8年前で、当時はあまり世に知られていませんでした。後に某コンビニエンスストアが流行らせたことでメジャーになりました。

そうだったんですね!となると、福岡でバスクチーズケーキを最初に作ったといっても過言ではない…!?

庄司さん

バスクチーズケーキがなんなのか、販売当初は説明が必要でした。後に某コンビニエンスストアが広めたおかげで説明不要になりました。

ちなみに、スペインのバスク地方のバルで作られたバスクチーズケーキも、失敗から生まれたものです。

※バスクチーズケーキ:ある職人がうっかり焦がしてしまったところから生まれたチーズケーキ

バスク

なるほど!失敗作から生まれた商品も多いんですね。

一番作るのが大変だったのは「ゴルゴンゾーラ」

ゴルゴンゾーラ

そうだったんですね。ちなみに、一番苦労した商品はありますか?

庄司さん

一番大変だったのは「ゴルゴンゾーラ」のチーズケーキです。

いろんなフレーバーを試してきましたが、これは手間がかかりました。ゴルゴンゾーラは私が好きだったので、どうしてもお酒にあうものを作りたくて取り入れてみました。ただうまく進まず、諦めてスタッフに任せることにしました。笑

なるほど!KAKAのチーズケーキは、庄司さんだけでなく優秀なスタッフさんによっても生まれているんですね。

庄司さん

はい!試作を重ねる中で、スタッフが教えてくれたり、美味しく改良していったものもあります。

いち押しはシンプルなチーズケーキ「KAKA」

KAKA

開発についていろいろお話聞かせていただきありがとうございます!
ちなみに、庄司さんのおすすめ商品は何ですか?

庄司さん

私のおすすめですか?私はやっぱり基本に戻って「KAKA」ですかね。
最初に作ったプレーンのチーズケーキです。

お客様の人気No.1もKAKAですね。オンラインでの人気もそうですし、季節ものの商品をいろいろ味わってみたけど、結局KAKAに戻るという話もよく聞きます。

ありがとうございます!やはりシンプルなものに戻るんですね。

KAKAの魅力は「お客様あってのKAKA」

ズバリ!KAKAの魅力は何ですか?

庄司さん

魅力は「お客様が私たちの店を作ってくれている」と思っています。

私たちが提供するのは商品で、お客様が売り上げを生み出し、どの商品が美味しいか、何が売れるかを決めてくれています。8年間、ずっとそう思ってきました。

お客様と共にですね。

庄司さん

はい。だからこそ、スイーツのために買いに来るお客様の姿を、製造スタッフに見てほしいんです。お客様にもチーズケーキを作っている様子が見えるよう、厨房をガラス張りにしました。

作っている人の姿も見えるし、お客様の喜ぶ顔も見える素敵な店内です!

これからのKAKAの展望

これから挑戦していきたいことなどありますか?

庄司さん

いろいろ挑戦していきたいです!私が仕事を始めたきっかけは、30代で子育てが中心になり、仕事ができないもどかしさがあったからです。

だから誰かが私の姿を見て、女性でも頑張れると思ってもらえたらいいですね!いまは自分のゴールを決めて、そこに向かっています。

なるほど!ちなみに、庄司さんの中でのゴールとは?

庄司さん

事業の内容はまだ言えませんが、今までにないことに挑戦していきます!

また、私は人と触れ合いながら仕事をしたいと強く思っていました。人が好きで、お客さんに喜んでもらえることが嬉しいです。自分のことを楽しみながら、お客様に喜ばれるお店作りを目指します。

庄司さん、貴重なお時間をいただきありがとうございました!

今回のインタビュー先:KAKA桜坂店 店舗情報

スクロールできます
店名KAKA cheesecake store 桜坂店
営業時間10:00~18:00
定休日年中無休
所在地福岡市中央区六本松3丁目1-58 リード桜坂101-102
アクセスGoogle Map
公式詳細を見る

編集部より

今回はKAKA桜坂店へお邪魔し、創業者の庄司さんへお話をお伺いしてきました!

お話がとにかく楽しくて面白くて、ものすごく心地の良い時間でした。
庄司さんはとにかくパワフル!ご自身のことを「”出世魚のブリ”と一緒よ!動き続けて止まらない!脂がのっておいしいの」と語るぐらいお忙しいお方です。

KAKA以外にも飲食店を2店舗されていて、その店舗ごとにご自身を切り替えながら楽しんでる様子を、イキイキしながら語ってくださいました。
とにかく人と関わって、お客様のために、みんなのためにと、ご自身も楽しみながらの人生を謳歌しているのが伝わってきました。

これからも、もっともっと挑戦し続けて欲しいです。
庄司さん、お忙しい中ありがとうございました。

なるほど福岡では、地元福岡在住の編集者・ライターによる福岡の地域情報を発信しています。コンテンツ作成には編集ポリシー広告ポリシーを尊守しております。公式HP・福岡県各地の観光サイト・PRTIMES(メディア提携)・弊社運営のInstagramの情報等を元に記事を作成しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

甲斐田 知加子のアバター 甲斐田 知加子 なるほど福岡編集部 取材担当

体験記事の写真撮影やインタビューを担当。記事編集の業務も行っています。観光情報誌などの撮影現場に7年ほど携わってきました。明るく現場を盛り上げるのが得意。山口県出身、
日本舞踊の名取を取得しており、着物の着付けができます。

コメント

コメントする

目次