【まるで海外!】吉塚市場リトルアジアマーケットの魅力を深堀り!ランチやディナーで多国籍料理が楽しめる

【まるで海外!】吉塚市場リトルアジアマーケットの魅力を深堀り!ランチやディナーで多国籍料理が楽しめる

吉塚の隠れ人気スポット「吉塚市場リトルアジアマーケット」では、アジア諸国の料理や買い物を楽しめます。タイの自動車であるトゥクトゥクの乗車体験も人気です。

最近では多くの観光客や地元の方々が足を運ぶスポットです。吉塚市場リトルアジアマーケットは、テレビでも取り上げられるほど話題となっています!

福岡に新しくできた人気スポット「吉塚市場リトルアジアマーケット」がどのようなスポットなのか解説します。

あわせて読みたい
福岡で有名な商店街13選|レトロな雰囲気&食べ歩きにもおすすめの商店街一覧 福岡には、レトロな雰囲気が漂う商店街がたくさんあります。商店街ならではの地元のお店や、古くからの歴史あるお店など、それぞれの商店街に魅力がいっぱいです。商店...
あわせて読みたい
【2024年完全版】福岡の食べ歩きグルメを満喫しよう!観光スポット・商店街・市場で福岡名物食べ歩き 福岡は食べ物がおいしい街として有名です。「福岡旅行でグルメ巡りをしたい!」と思っている方も多いでしょう。 実は、福岡には「食べ歩き」や「ハシゴ」の文化はあまり...
目次

名称が変わった!?吉塚市場リトルアジアマーケットへ生まれ変わった経緯

吉塚市場リトルアジアマーケットの関係者

引用:https://yoshiduka-yla.com/market/

吉塚市場は創業約70年!吉塚市場は、昭和25年頃より福岡の吉塚にある商店街です。最盛期は150ほどの店舗が軒を並べており、多くの人で溢れていました。しかし、最近では大型商業施設などの影響で30店舗ほどに減少しています。

「活気ある吉塚市場を取り戻したい」という地域住民の思いから、商店街再生に乗り出し始まったのが「吉塚市場リトルアジアプロジェクト」です。

復興のカギは、近隣に住む多くの外国人にあると考えました。プロジェクトを通して、アジア諸国の「食」に関心を持ち、外国人居住者と地域住民との「繋がり」を強くし、外国人の方々に「安全」な暮らしを提供することを目指しています。

プロジェクトの加速に伴い2020年12月1日に吉塚商店街から改名し、「吉塚市場リトルアジアマーケット」として生まれ変わりました。

吉塚市場リトルアジアマーケットの魅力を紹介!

吉塚市場リトルアジアマーケットの魅力

引用:https://yoshiduka-yla.com/market/

アジア各国の本格料理が楽しめる

吉塚市場リトルアジアマーケットでは、アジア各国の本格料理が楽しめる

引用:https://yoshiduka-yla.com/shop/

吉塚市場リトルアジアマーケットでは、ミャンマー料理やベトナム料理、タイ料理などアジア諸国のさまざまな料理を楽しめます。

下記の表はアジア諸国の料理を提供している店舗です。

店舗名 料理の種類
チョウゼヤ ミャンマー料理
サワディカップ タイ料理
火の村 韓国料理
小重慶 中華料理
ブッダ インド&ネパール料理
カムオン ベトナムサンドイッチ
モモ&ジルハウス ネパール料理

上記の表からも、いろいろな種類のアジア料理を楽しめることがわかります。アジアの屋台を意識した作りになっているお店やもともと銭湯だった場所を改装しているお店など、さまざまなお店を眺めましょう。

吉塚市場リトルアジアマーケット全体でアジア諸国の雰囲気を醸し出しているため、足を踏み入れた瞬間から異国に来た気分を楽しめるのが魅力です。

鮮やかなウォールアート

吉塚市場リトルアジアマーケットには、鮮やかなウォールアート

引用:https://yoshiduka-yla.com/blog/sample-post3/

吉塚市場リトルアジアマーケットの目印が、看板猫の「Mie」をモチーフにしたウォールアートです。前足のない3本足のMieですが、堂々とした立ち振る舞いをします。逆境に立ち向かう吉塚リトルアジアマーケットの現状とMieを重ねましょう。

地元の吉塚中学校美術部が描いた鶏のアート作品など、ところどころにウォールアートがあります。吉塚市場リトルアジアマーケットを訪れた際は、ぜひ鑑賞してみてください。

トゥクトゥクに乗ることもできる

吉津市場リトルアジアマーケットでは、トゥクトゥクに乗ることもできる

引用:https://yoshiduka-yla.com/

運行状況 月に4回 ※月ごとに変わるため公式HPより確認してください
乗車人数 6人
料金 無料
予約 必要
巡回コース 吉塚市場→吉塚駅、吉塚公民館、吉塚郵便局など

吉津市場リトルアジアマーケットでは、タイの自動車であるトゥクトゥクに乗車できます。月に4回だけ運行しており、予約すれば誰でも無料で乗車できるお得なサービスです。

トゥクトゥクに家族やカップル、友達と乗車することで、ワクワク気分を楽しみましょう。ぜひ、吉塚リトルアジアマーケットに足を運んでみてください。

市場にはお釈迦様も

吉塚市場リトルアジアマーケットは「吉塚御堂」を創設し、全長約2mの黄金に輝くお釈迦様の像を祀っている

公式:https://yoshiduka-yla.com/yoshizukawat/

吉塚市場リトルアジアマーケットは吉塚御堂を創設し、全長約2mの黄金に輝くお釈迦様の像を祀っています。

吉塚周辺に住むアジア諸国の若者たちは仏教を心の支えにしており、彼らに「日本でも手を合わせる場所を作ってあげたい」という思いから創設されたのが吉塚御堂です。

吉塚市場リトルアジアマーケットに足を運んだ際は、ぜひ手を合わせてみましょう。

吉塚市場リトルアジアマーケットの人気店を紹介

ミスサイゴン(ベトナム料理)

ミスサイゴン(ベトナム料理)

公式:https://yoshiduka-yla.com/shop/shop8/

名称 ミスサイゴン
営業時間 昼:11:00〜15:00 夜:17:00〜22:00
定休日 火曜日
メニュー カレーと生春巻き:850円
フォート生春巻き:850円
アクセス GoogleMap

ミスサイゴンは、吉塚市場リトルアジアマーケット第2入口から入って左手3店舗目に構えるベトナム料理のお店です。

代表的なベトナム料理である「フォー」や「生春巻き」などを味わえます。単品料理やアルコール類の提供もあるため、ランチやディナーにおすすめの店舗です。

おいしいベトナム料理のお店を探している方は、ぜひ足を運んでみてください。

福岡で本格的なベトナム料理を楽しめる店舗は少なく、ミスサイゴンは隠れた名店です。

チョウゼヤ・サワディーカップ(ミャンマー・タイ料理)

チョウゼヤ・サワディーカップ(ミャンマー・タイ料理)公式:https://yoshiduka-yla.com/shop/shop1/

名称 チョウゼヤ・サワディーカップ
営業時間 昼:11:00 15:00 夜:17:0022:00
定休日 月曜日
メニュー カオマンカイ(タイ料理) 700円
ガパオライス(タイ料理) 700円
モヒンガー(ミャンマー料理) 700円
アクセス GoogleMap

チョウゼヤ・サワディーカップは、ミャンマー料理とタイ料理を楽しめるお店です。吉塚市場リトルアジアマーケット第1入口から入って、右手2店舗目に構えています。

店内に銭湯の雰囲気を残しているのが特徴です。もとは銭湯だった場所を飲食店に改装しており、入口が男湯と女湯に分かれています。

おすすめの料理は、ガパオライスです。スパイスが効いており、本格的なタイの味付けを楽しめます!福岡でミャンマー料理を楽しめる店舗は少ないため、気になる方はぜひ足を運んでみてください。

小重慶(中国点心)

小重慶(中国点心)

公式:https://yoshiduka-yla.com/shop/shop7/

名称 小重慶(しょうじゅうけい)
営業時間 昼:11:00〜14:30 夜:17:30〜22:00
定休日 日曜日(変更あり)
メニュー 肉まん 150円
エビチリ 200円
麻婆豆腐 300円
黒酢酢豚 400円
アクセス GoogleMap

小重慶は、おいしい中華料理のお店を探している方におすすめします。吉塚市場リトルアジアマーケット第2入口より入って、7店舗目に構える中華料理のお店です。

オーナーは中国の重慶出身の方で、元ホテルの料理人です。そのため腕前がよく、おいしい料理を楽しめます。手作り肉まん150円、エビチリ200円など料金が安いのも魅力です。

現地の方が作る、本格的な中華料理を楽しめるお店です。

モモ&ジルハウス(ネパール居酒屋)

モモ&ジルハウス(ネパール居酒屋)

公式:https://yoshiduka-yla.com/shop/shop12/

名称 モモ&ジル ハウス
営業時間 不明
定休日 日曜、祝日
メニュー プレーンモモ(ネパール風蒸し餃子) 300円
プレーンナンセット 780円
カレーライスセット 600円
ダルバットセット 900円
アクセス GoogleMap

現地の本格的なネパール料理を楽しみたい方は、モモ&ジルハウスに足を運んでみてください。吉塚市場リトルアジアマーケットより徒歩4分の場所に店舗を構える、ネパール料理のお店です。

多くのネパール人の方で賑わっています。現地の方々に愛されるおいしいネパール料理を楽しめるのが魅力です。料理メニューは、ネパール風蒸し餃子やネパール風BBQ、おつまみなどが用意されています。

ランチだけでなく、ディナーにもおすすめの店舗です。

外国人移住者を応援!リトルアジアカレーとは?

リトルアジアカレー

公式:https://yoshiduka-yla.com/

吉塚市場リトルアジアマーケットでは、吉塚周辺に住む外国人をサポートするために外国人食堂と吉塚御堂を運営しています。

リトルアジアカレーは、外国人食堂と吉塚御堂の運営費を集めるために開発・販売されているレトルトカレーです。そのため、リトルアジアカレーの収益は全て運営費に活用されます。

あわせて読みたい
福岡でおすすめのグリーンカレーが美味しい人気店特集!タイ料理の名店から厳選 スパイスカレーブームでカレー店が多い福岡ですが、実は「グリーンカレー」を提供するタイ料理屋もたくさんあります。さらに福岡にはタイ国政府公認のお店が多く、本格...

店舗で販売されているカレーは下記です。

カレーの個数
チキン、手羽元、キーマ
料金
3個 税込1,000円
6個 税込2,000円
30個 税込10,000円

通販の場合、6個入りと30個入りの2の種類のみです。別途600円の送料が必要となります。

吉塚市場リトルアジアマーケットへの行き方・アクセス情報

吉塚市場リトルアジアマーケットへの行き方・アクセス情報

引用:https://yoshiduka-yla.com/market/

最寄り駅はJR博多駅の隣、JR吉塚駅です。吉塚市場リトルアジアマーケットは、JR吉塚駅東口から徒歩5分ほどのところに位置しています。

また、地下鉄を利用する場合の最寄り駅は、千代県庁口前または馬出九大病院前です。どちらの駅からも徒歩約12分圏内のところに位置しています。

福岡県内に在住の方で地下鉄を利用する場合には、注意してください。博多駅よりも東側にお住まいの方は、博多駅で乗り換えた方が楽です。

まとめ|異国情緒漂う!吉塚市場リトルアジアマーケットへ行ってみよう

吉塚市場リトルアジアマーケットでは、アジア諸国のさまざまな料理を楽しめます。福岡に在住の方なら、1度は訪れたい隠れ人気スポットです。

料理だけでなく、買い物やトゥクトゥクに乗車などもできます。家族やカップルで吉塚市場リトルアジアマーケットを楽しみましょう。

吉塚周辺に住む外国人の方と交流を深められる場でもあるため、海外旅行がしにくい今だからこそぜひ足を運んでみてください。

あわせて読みたい
【完全版】知られざる福岡のおすすめB級グルメ|福岡名物のローカルフードを食べ歩きしよう さすが!おいしいものが多すぎる福岡、B級グルメもローカルフードも、何をとっても喉を鳴らすほどのおいしさです。 TV番組「秘密のケンミンショー」では、数々の福岡B級...
あわせて読みたい
福岡の道の駅全17箇所をランキング順に総まとめ!おすすめの名物・イベント・車中泊に関する情報も 福岡には、道の駅が全部で17箇所あります。道の駅は、ゆっくり休憩する場所として知られますが、イベントや地元の特産品グルメを楽しむことも可能です! 新鮮な果物や魚...
あわせて読みたい
【保存版】福岡の絶品グルメ|本当におすすめするご当地グルメ名物・人気グルメ 福岡にはもつ鍋・明太子・ラーメン・屋台など福岡ならではのグルメや博多名物がたくさんあります。博多らしさを味わうことができるおすすめの美味しい名店を紹介します...
あわせて読みたい
【保存版】福岡のおすすめ観光スポット100選!定番〜穴場まで福岡観光を厳選 ガイドブックにも載る福岡観光定番スポットから、知る人ぞ知る福岡観光穴場スポットを紹介します。計100ヶ所に及ぶ、福岡のおすすめ観光スポットの集大成です。今すぐ保...
あわせて読みたい
福岡でおすすめの韓国ショップ9選!アイドルグッズや韓国食品が買えるお店 韓流アイドル、韓流ドラマ、韓国インテリア、韓国コスメ、韓国料理、、、韓国は私たちを魅了し続けます。 韓流ドラマ「わかっていても」のヒロイン・ナビの髪型をオーダ...
あわせて読みたい
西中洲にオープンした「味路地夜市(アジロジ)」でアジアの気分を満喫!夏限定のBBQや丸鶏の屋台焼きが人気 2022年1月7日、西中洲に味路地夜市はオープンしました。 味路地夜市は、アジア屋台をイメージした店内でアジア各国の料理を楽しめます。 「天神でアジアの雰囲気を思う...

なるほど福岡では、地元福岡在住の編集者・ライターによる福岡の地域情報を発信しています。コンテンツ作成には編集ポリシー広告ポリシーを尊守しております。公式HP・福岡県各地の観光サイト・PRTIMES(メディア提携)・弊社運営のInstagramの情報等を元に記事を作成しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20年以上福岡在住。元大手食品メーカー勤務。最近はWEBライターとして活動しています。ブログを初めたい方に向け、おすすめレンタルサーバーやPC周辺機器について発信中。「なるほど福岡」では、自身の経験をもとにした福岡の魅力をお伝えします!
このライターの記事を読む

コメント

コメントする

目次