【2023年6月最新】福岡の蚤の市・マルシェの開催情報|例年人気の護国神社や筥崎宮で今年も開催

【2023年6月最新】福岡の蚤の市・マルシェの開催情報|例年人気の護国神社や筥崎宮で今年も開催

福岡各地で開催される蚤の市やマルシェでは、新品の家具や雑貨にはないレトロな雰囲気のアイテムと出会えます。

今回は、2023年6月に開催予定の蚤の市・マルシェなどの最新情報をお届けいたします。

福岡では護国神社で行われる蚤の市が最も有名です。2023年8月13日〜15日は護国神社で「みたままつりナイトマーケット」が開催されます!

あわせて読みたい
【2023年春】福岡で開催されるグルメフェス・フードイベント最新情報!九州各地の食を味わい尽くそう 福岡は全国に誇る美食の町です! 最近では、大きな盛り上がりをみせている食の祭典、グルメフェス。「B-1グランプリ」をはじめとして、「台湾フェスティバル」や「テレ...
あわせて読みたい
【2024年】福岡で人気な有名イベント年間カレンダー!伝統行事や子供連れも無料で楽しい福岡のイベント... 福岡は創造性豊かなコンパクトシティ、高密度で伝統と新しさが共存しています。開催される行事やイベントも、福岡に根付いた伝統的なものや、新たに人気が爆発したもの...
目次

知っておきたい!蚤の市の楽しみ方

福岡-蚤の市1

初めて蚤の市に行く方のために、蚤の市の楽しみ方や注意点を紹介します!

蚤の市の楽しみ方

  1. 商品との出会いは一期一会
  2. 店主との会話を楽しむ
  3. レトロな雰囲気の写真を楽しむ

蚤の市では基本的に商品は一点ものになります。筆者は、あとで買おうと思って戻ったら売り切れていたことがあります。蚤の市では、気になったアイテムは勢いで買うことも大切です。

趣味が合いそうなお店の店主との会話を楽しんでみてください。ときには掘り出し物を教えてくれるときもあります。

蚤の市の注意点

  1. はきなれた靴で行こう
  2. リュックよりトートバッグ
  3. マップで行きたいお店は先にチェック

イベントにもよりますが、広い会場では結構歩くので疲れます。はきなれた靴がおすすめです。

またお店も多く迷うこともあるので、最初に行きたいお店の位置を確認しておくと良いでしょう。

筆者個人としては、リュックよりトートバックなどをおすすめします!店内は狭い場合が多く、リュックで気づかないうちに後ろの商品を落としてしまうと大変です。忘れがちですが大事なポイントです。

蚤の市で買える人気のアイテム

  • 古道具
  • レトロ雑貨
  • 食器
  • 家具
  • 古着
  • 古書・レコード

蚤の市によっては、ドライフラワーや盆栽などお花を売るお店や体験型のワークショップなど多種多様なお店が出店しています。

飲食店も出店していることが多いので、疲れたら一休みしながらショッピングを楽しみましょう!

あわせて読みたい
福岡のおしゃれなキッチン雑貨専門店を大特集!業務用調理器具が一般の人でも買えるお店も紹介 お家時間が増えて自宅で料理をする方も増えています。せっかくならお気に入りのキッチン用品で料理を作りたいですよね。 そこで今回は、福岡のおしゃれなキッチン雑貨専...
あわせて読みたい
福岡のおしゃれなドライフラワーのお店15選|おすすめの専門店やドライフラワーが買える生花店・雑貨屋さん ドライフラワーを使った花束や髪飾りは、おしゃれでインスタでも大人気です。今回は、福岡のおしゃれなドライフラワーが買えるお店を15店紹介します。 ドライフラワーは...

【最新】2023年6月以降開催される福岡の蚤の市・マルシェ

福岡-蚤の市2

今年開催される福岡の蚤の市やマルシェ、マーケットを紹介します。

【最新】2023年6月以降開催される福岡の蚤の市・マルシェ

  • 風の市場 筥崎宮蚤の市(筥崎宮)
  • 門司港蚤の市 古物・骨董(門司港レトロ中央広場)
  • みたままつり ナイトマーケット(護国神社)
  • 蚤の市(呑山観音寺)
  • みどりのまちマルシェ(舞鶴公園)
  • おさんぽマルシェ(音羽公園)
  • ハンドメイドデイズ(門司港)
  • なじま楽市(名島屋)
  • 海辺のカモメ市(レトロ中央広場・親水広場)

風の市場 筥崎宮蚤の市(筥崎宮)

名称 風の市場 筥崎宮蚤の市
開催日 2023年6月25日(日)
開催時間 7:00〜14:00
所在地 福岡県東区箱崎1丁目22−1
アクセス GoogleMap
公式HP 公式Instagram
  • 220もの店舗が出店している
  • 年に10回程度開催
  • 朝早くから開催している

「風の市場 筥崎宮蚤の市」は、年に10回程度、筥崎宮参道にて開催される蚤の市です。

福岡でも人気の蚤の市で、約700mの参道にはなんと220もの店舗が立ち並びます!

アンティーク雑貨や骨董品、焼き物など古道具が集まり、これぞ蚤の市といった雰囲気が味わえます。

朝早くから開催されます。爽やかな朝の風のなか、お気に入りの古物を探してみましょう。

門司港蚤の市 古物・骨董(門司港レトロ中央広場)

名称 門司港 蚤の市 古物・骨董
開催日 2023年6月24日(土)
開催時間 10:30〜16:00
所在地 門司港レトロ中央広場
福岡県北九州市門司区東港町1−12
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • 大正の香り漂う門司港レトロで蚤の市が楽しめる
  • 1~2か月程度のペースで開催されている
  • 出店数も多く様々な古物に出会える

「門司港 蚤の市」ではヴィンテージアイテムや着物、おもちゃ、レトロ雑貨など、時代を感じる古物が門司港レトロに集まります。

大正の香り漂う門司港レトロで蚤の市を楽しめるのもおすすめポイントのひとつです!

2023年6月の開催場所は、門司港レトロ中央広場です。JR門司港駅から徒歩6分で到着します。

2023年5月31日まで出店者を募集しています。出店料は、1日6,600円〜13,200円です。

あわせて読みたい
門司港レトロおすすめ観光ガイド!インスタ映えな門司港レトロ旅行に行った私がモデルコースを解説 日本にある駅舎で国の重要文化財に指定されているのは、東京駅と門司港駅の2つだけです。門司港駅は2012年から改修工事を行い、約6年もの歳月を経て2019年3月にグランド...

みたままつり ナイトマーケット(護国神社)

名称 みたままつり ナイトマーケット
開催日 2023年8月13日〜16日
開催時間 未発表
所在地 福岡県福岡市中央区六本松1−1−1
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • 5月29日〜6月18日の間、出店者募集中
  • 子どもも楽しめる
  • 屋台グルメが堪能できる

お盆時期の風物詩である護国神社の「みたままつり」期間中、参道で開催される蚤の市です。

ぼんぼりの灯りが輝く中、飲食店の屋台やキッチンカー、雑貨などさまざまな出店を楽しめます。

昨年2022年は3年ぶりにナイトマーケットが開催され、約130のお店が参道に並びました。

現在、2023年のみたままつりナイトマーケットの出店者を募集中です(募集期間:5月29日〜6月18日)。

詳細は公式HPをご確認ください。

蚤の市(呑山観音寺)

名称 蚤の市
開催日 6月18日〜7月2日
開催時間 9:00〜17:00
所在地 福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227−4
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • 見頃を迎えたあじさいを見ながら楽しめる
  • キッチンカー、屋台が充実

2023年6月18日〜7月2日「あじさい寺」として有名な糟屋郡篠栗町の呑山観音寺で蚤の市が開催されます。

期間中はちょうどあじさいが見頃を迎えます!あじさいを鑑賞しながら買い物を楽しみましょう。

食べ物・雑貨・和小物・古着・陶磁器などのお店が日替わりで登場する予定です。

出店情報は公式Instagramにて随時発表されます!

みどりのまちマルシェ(舞鶴公園)

名称 みどりのまちマルシェ
開催日 2023年6月24日(土)
毎月第4土曜日開催
※12月~2月はお休み
開催時間 10:00〜14:00
所在地 舞鶴公園 三ノ丸広場
福岡県福岡市中央区城内2−2
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • ”新鮮、エコ、ふれあい”にこだわった人にも環境にも優しいマルシェ
  • 舞鶴公園にお散歩がてら、お買い物が楽しめる
  • 毎月第4土曜日に開催

みどりのまちマルシェは、福岡市民の憩いの場である舞鶴公園の三ノ丸広場にて開催されます。

旬の野菜や果物、こだわりの素材を使った加工品など『新鮮、エコ、ふれあい』にこだわったマルシェです。

舞鶴公園へ散歩がてら買い物ができるのも、魅力のひとつです!

みどりのまちマルシェは毎月第4土曜日に開催しています。(※12月~2月は休み)次回開催予定は、公式HPでご確認ください。

おさんぽマルシェ(音羽公園)

名称 おさんぽマルシェ
開催日 2023年4月8日〜6月11日
毎週土日開催
開催時間 11:00〜17:00
所在地 福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目1−1
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • 毎回異なるテーマで開催
  • ”非日常を日常に”がコンセプト
  • 博多駅から徒歩4分でアクセスが便利

おさんぽマルシェは、博多駅から徒歩4分の位置にある音羽公園で開催されている蚤の市です。

スイーツやカレー、雑貨などの物販のほか、ワークショップをおこなっている点が特徴です。これまで、模造紙いっぱいに絵を描くワークショップ「おさんぽアート」がおこなわれています。

子どもから大人まで存分に楽しめる蚤の市です。

出店者については随時公式Instagramで発表されます!

ハンドメイドデイズ(門司港)

名称 ハンドメイドデイズ
開催日 2023年9月23日~24日(日)
開催時間 10:30〜16:00
所在地 レトロ中央広場・親水広場
福岡県北九州市門司区東港町1-12
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • 2023年は複数回開催予定
  • 唯一無二のハンドメイド作品が大集合
  • 公式Instagramにて出店者をピックアップ

ハンドメイドデイズは、1年に複数回開催されるイベントです。2023年は3、5、9月に開催されます。

プレゼント用にぴったりなかわいいクッキー缶やドライフラワー、アロマキャンドルなどが出店予定です。友達や恋人にプレゼントすれば、大喜び間違いありません。

ハンドメイドデイズの会場を歩き回って疲れたときは、屋台のハンバーガーやお菓子でエネルギーチャージしましょう!

なじま楽市(名島屋)

引用:なじま楽市

名称 なじま楽市
開催日 2023年6月17日(土)
※複数回開催予定
※2022年は毎月中旬の日曜に開催
開催時間 9:00〜16:00
所在地 福岡市東区名島2-34-28
アクセス GoogleMap
公式HP 公式Facebook
  • 毎月中旬の土日に開催予定
  • 野菜店や着物店、多肉植物店などが出店
  • 『ご自由にお持ち帰り下さい』コーナーが人気

なじま楽市は、毎月中旬の土日に開催されています。朝9時から開催されるため朝活としておすすめです。

なじま楽市には、野菜店や着物店、多肉植物店などが出店します。ぜひ新鮮な野菜や果物を家族へのお土産にしてください。

野菜店や着物店、多肉植物店以外には『ご自由にお持ち帰り下さい』コーナーが人気です。古本や年代物CDなどがお持ち帰りできます。

次回開催予定は、公式Facebookで随時更新されます。

海辺のカモメ市(レトロ中央広場・親水広場)

名称 海辺のカモメ市
開催日 2023年10月21日(土)・22日(日)
開催時間 10:30〜16:00
所在地 レトロ中央広場・親水広場
福岡県北九州市門司区東港町1-12
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • フォトジェニックな門司港レトロで開催
  • かわいいお菓子から雑貨まで勢ぞろい
  • 入場料無料なので、気軽に参加可能

2023年10月21日・22日、門司港のレトロ中央広場・親水広場にて「海辺のカモメ市」が開催されます。

雑貨やアクセサリーなど、海辺のカモメ市でしか手に入らないレアアイテムも多数出品される予定です。ぜひレア雑貨と一期一会の出会いを楽しんでください。

アクセサリーやポーチなど普段使いしやすいハンドメイド作品からお土産に最適なかわいいお菓子まで、さまざまなものが販売されます!

2023年に過去開催された福岡の蚤の市・マルシェ

福岡-蚤の市3

今年は終わってしまった福岡の蚤の市やマルシェを紹介します。

蚤の市(護国神社)

名称 蚤の市
開催日 2023年5月20~21日
開催時間 9:00〜16:00
所在地 福岡県福岡市中央区六本松1−1−1
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP
  • 珍しいアイテムだけでなく、フードも楽しめる
  • 古道具やアンティーク、雑貨好きの方におすすめ
  • 屋台グルメで腹ごなしできる!

護国神社で行われる蚤の市は、2023年5月20・21日に開催されました。

蚤の市でしか手に入らない古道具やアンティーク、雑貨などの出店が盛り沢山の蚤の市です。屋台グルメやキッチンカーなども登場しました。

2023年8月13日〜16日に「みたままつり ナイトマーケット」が開催されます。

福岡のマニアックな蚤の市好きにおすすめしたい骨董・レトロ・アンティークショップ

福岡-蚤の市4

レトロな雰囲気やアンティークが好きな方におすすめな福岡のショップ3店です。

あわせて読みたい
【高額】福岡でおすすめの骨董品買取業者11選|持ち込みや出張買取の方法も解説 いま福岡で骨董品を売ると、高額買取につながりやすいって知っていましたか? というのも、福岡でも近年徐々に骨董品ブームに火が付き始めているんです。人気と需要があ...

骨董&リサイクルショップkatsu(南区清水)

この投稿をInstagramで見る

画画(@lwooow)がシェアした投稿

名称 骨董&リサイクルショップkatsu
営業時間 11:00〜19:00
定休日 木曜日
所在地 福岡県福岡市南区清水2丁目8−27
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP

「骨董&リサイクルショップkatsu」は、”修理が出来る骨董屋さん”として2003年にオープンしました。店内には昭和の懐かしい雰囲気が漂っています。

真空管テレビやラジオなどは、修理をしてメンテナンスされた状態で販売中です。さらに、購入後に万が一不具合が発生した場合は再度調整します。

テレビ・ラジオ・雑誌・新聞等で50回以上も取り上げられた人気店です。ぜひ足を運んでみてください!

公式HPでは通販も行っています。一つひとつの商品を様々な角度から写真を撮っている点が特徴です。HPでレトロな商品を眺めているだけでもワクワクします

古道具のささや(中央区平尾)

名称 古道具のささや
営業時間 14:00〜19:00
定休日 月・火曜日
所在地 福岡県福岡市中央区平尾1丁目12−2
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP

「古道具のささや」は、2004年に開業した落ち着いた雰囲気のお店です。

主に日本製の骨董品、木製家具、陶磁器など様々な古道具を販売しています。昔の木製家具は、経年の良さを損なわないよう丁寧に修繕されています。

また店主は三度の飯より猫が好きで、公式Instagramの商品投稿にところどころ猫が写っているのも可愛いです。古道具好きのみならず猫好きの方もぜひ足を運んでみてください!

レトロな雰囲気で人気が高い石油ストーブの修理も行っています。石油機器技術管理士の店主さんが作業するため、安心してお任せしましょう。

bootymarket(博多区吉塚)

この投稿をInstagramで見る

しょっき(@shokki1992)がシェアした投稿

名称 bootymarket
営業時間 1:00〜19:00
定休日 火・水曜日
所在地 福岡県福岡市博多区吉塚6丁目11−1
アンティークモール
アクセス GoogleMap
公式HP 公式HP

吉塚にお店を構える「bootymarket」には、国内外のアンティーク家具雑貨をはじめ、古いものを数多く取り扱っています。

倉庫のような大きな店内に注目です。海外の雑貨やレトロな家具、食器などが所狭しと並べてあります。まさに宝探しのような感覚でお買い物が楽しめるショップです!

猫の保護活動も行っています。毎月第四日曜日は『保護猫たちの譲渡会』を開催しているため、興味がある方は公式Twitterをご覧ください。

まとめ|福岡の蚤の市を楽しもう!

コロナも落ち着いてきて、福岡でも徐々にイベントが復活してきました。

蚤の市やマルシェは、野外開催が多く開放的なので比較的安心して買い物が楽しめるのではないでしょうか。普段とは違うレトロな一点もののアイテムとの出会いが魅力です!

筆者個人としては、護国神社のみたままつりナイトマーケットが非常に楽しみです。珍しいアイテムだけでなく、フードも楽しめる蚤の市は、非日常感が味わえます。

ぜひ福岡の蚤の市に足を運んでみてください!

あわせて読みたい
【2023年春】福岡で開催されるグルメフェス・フードイベント最新情報!九州各地の食を味わい尽くそう 福岡は全国に誇る美食の町です! 最近では、大きな盛り上がりをみせている食の祭典、グルメフェス。「B-1グランプリ」をはじめとして、「台湾フェスティバル」や「テレ...
あわせて読みたい
福岡で有名な商店街13選|レトロな雰囲気&食べ歩きにもおすすめの商店街一覧 福岡には、レトロな雰囲気が漂う商店街がたくさんあります。商店街ならではの地元のお店や、古くからの歴史あるお店など、それぞれの商店街に魅力がいっぱいです。商店...
あわせて読みたい
福岡県内にあるアンテナショップ7選|福岡に居ながら全国の特産品と出会おう! アンテナショップは、福岡県内外の美味しい特産品や伝統工芸品などが買える、楽しいお店です。自慢の特産品が一同に集まり、行くだけで旅行気分を味わえます。県外で福...
あわせて読みたい
【福岡が誇る有名なお祭り】年間を通して楽しめる祭りを一覧で総まとめ 福岡には日本で最も来場者数の多い祭りがあるのは知っていますか? 博多っ子なら誰しもが知る祭り、博多祇園山笠です! 博多祇園山笠は「博多三大祭り」と「福岡五大祭...

なるほど福岡では、地元福岡在住の編集者・ライターによる福岡の地域情報を発信しています。コンテンツ作成には編集ポリシー広告ポリシーを尊守しております。公式HP・福岡県各地の観光サイト・PRTIMES(メディア提携)・弊社運営のInstagramの情報等を元に記事を作成しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡市在住歴8年で食べることと飲むことが大好きです。とくにスパイスカレーやコーヒーの店によく行きます。行きたい店は自転車でどこまでも。福岡の魅力的な情報を詳しくお伝えします!
このライターの記事を読む

コメント

コメントする

目次